Counter: 2058, today: 1, yesterday: 0

アニメーション監督術(細田守)

  • ページ: コラム
  • 投稿者: 日向充
  • カテゴリー: エンターテイメント
  • 投稿日: 2010-01-31 (日) 16:32:35

内容

2009年11月14日19時〜21時、アートアニメーションの小さな学校の「アニメーション監督術」細田守さんの講義を受けてきました。
内容を忘れないようここにメモしておきます。日記はこちら
インターネット上に内容を公開していることについて問題がありましたら、ご指摘ください。

同ポジについて

ゲゲゲの鬼太郎、アッコちゃん、ぼくらのウォーゲーム、ドレミ?、ワンピース、時をかける少女。
数々の作品を手がけてきた細田監督だが、そのすべての作品において共通項がある。
それは同ポジ(同ポジション)と言われる手法。

同ポジとは

同ポジは新たなシーンでまた同じ画面、同じフレームに戻る手法のことを言う。

表現手法としての観点から

普通アニメではこれは飽きるのでアングルの多様さ等画面に変化をもたらそうとする。しかし、それは映画的ではない。
漫画は同じ絵を書けない。つまり、漫画からアニメの発想では同ポジはない。
しかし、アニメは映画である。

また、同ポジの繰り返しによりリズムを作ることができる。面白い空気が流れることがある。

省力化の観点から

以前所属していた会社(東映)では3000枚という枚数制限があった。
先輩は大体、あまり動かさず、動かすところを動かすという方法でこの制限をクリアしていた。

同ポジが今までやられていなかった理由は手抜きと思われるからだ。
そのため、そうとられないよう意図を持って同ポジにしているとわかるよう強調する。
時をかける少女では東映を離れて枚数制限がはずれたのに同ポジを多用している。そのことからも省力化だけでなく表現手法として用いていることがわかる。

同ポジを多用すると発生するメリットとして以下がある。
アニメーションでは度々全体的にレイアウトを直すことがあるが、同ポジを多用しているとこの枚数が減る。
また、300カット平均くらいであるのが200枚くらいになるため、クオリティが上がる。

これはみんなの仕事や生活に関わってくる。こういう調整は演出にしかできない。

サマーウォーズでの例

納戸をあるポジションで映す。
次も同じ視点で映す。昼と夜。
夜見ていた記憶が残っているので、昼見たとき違うポイントに客が気づきやすい。
客の視点を誘導しやすい。アップにしなくてもよい。
同ポジを用いることで、前とどこが変わっているか?という観点が生まれる。

カメラワークについて

上記サマーウォーズの例から、カメラワークの話へ。

なるべくカメラは据えて置いておきたい。振りたくない。

作業上の観点から

長い大判だと、アニメーターはは机を片付けなくてはならない。大判はチェックもしたくない。セロテープがずれたりもする。
めんどくさいからカメラはfixという側面もある。

表現上の観点から

しかし、カメラfixでももつカットのレイアウトをしなければならない。

昔の人は枚数制限等の理由からもTU,TV(寄ったり引いたり)を多用していた。
ジワッとTVというのもある。95%←→100%のをいう。ジワだからジワパンと呼んでいた。
さらにこれなら机を片付けなくてもできる。
しかし、楽で効果的であるため、これをやっていると何でもこれにしてしまう。
これは演出としては敗北である。
「この絵持たないからTUしよう。」
こればかりしているとfixには戻れなくなる。
カメラワークに頼らないでレイアウト、人のたたずまい、描かれていることで勝負したい。

サマーウォーズで用いたカメラワークについて

サマーウォーズにおいて、栄おばあちゃんが亡くなった後、中座した女性、由美(おっぱいをあげている)からパンして40秒1カットのシーンがある。
このシーンにカメラワークを用いた理由は以下。

親戚がどういう悲しみを感じているか表現しなくては行け無い。
最初は人々を点描しようと考えていた。
しかしこれでは20カットくらいになってしまう。1シーンとしては使いすぎだ。
1シーンは大体9〜16カットである。原画の人に他のいやすい数字。20は受けてくれない。
それでは、ひとりずつではなく3人いっぺん、4人いっぺんにするか、というところから、カメラワークで全体を映して行くという案にたどり着いた。

最初の由美のみはもとの点描のイメージとしている。
これが残った理由は以下。
一番年上の人、一番年下の人(赤ちゃん)、を描きたかった。
そのために中座させている。
また、人が死んでも、何ものどを通らないわけではない、ということを描きたかった。

他の人々は後ろ姿や横が多い。シルエットで何をしているかわかるようにしたい。
表情は見てなくても客が想像してくれる。
描かなくても描いたものより伝わることもある。
のんびりポーズの人→のんびりかもしれないし、実は悲しいのかもしれない。

その他サマーウォーズのシーンについて

小指をにぎる

友情、愛情ができるプロセスを描く。
→もとから出来ているものは描いていて面白くない。
上記栄おばあちゃんのシーンでテレビにパンしてそこから二人の方へ。同じ地平に描きたかった。

思い出シーンに行く前に老婆と子供がいる

これは本人達とは関係ない老婆と子供であるが、本人達が幻影のようにいるという手もある。
ピン送り。ピント。

映画のワイド画面に平屋が合う

縁側舞台のような。
和室の空間は肘目手だった。
広角だときれいにならない。望遠がいい。
大家族。

アニメータの力を信用した上での絵コンテ?
はまださんがそういうシーンに向いているとは思っていなかった。うまいとは聞いていた。

Q&A

Q1.

いろんな監督、演出がいて、いかにスケジュール内で理想に持っていけるか。加減がむずかしいということがわかりました。どのような情報の補完をしているのでしょうか。

A1.

絵コンテ、アイディアはただである。
人的資源を有効に使っていく。
どういうふうに作打ちしていくか。
どういう風に楽しくなってもらうか。
やりがいを感じて欲しい、と常に思っている。
自分自身がアニメーターのすごい技を見たい。

※ 作打ちとは『作画打合せ』のこと。

Q2.

手をつなぐ、は人によって描き方が随分違うと思いますが、うまくいきったのでしょうか。(意図通りのシーンになったのかどうか)

A2.

作打ちの時、子供と、奥さんと、手をつなぐ時にどうするか話した。
イメージのすり合わせを作打ちの中でして行く。

Q3.

黒澤監督、小津監督のほかにおすすめ監督は?

A3.

黒澤監督のまあだだよは初見ではちょっとがっかりしていたが、今回和室の美をとるためにどう切り取るか参考にするため、改めて見たらすごい面白かった。内容も。

推薦したい本
・ヒッチコック
・ワイルダーならどうする?
・未来映画術 キューブリック

↑ほんとにこれか、
ちょっと不安
現場をどう仕切っていくか
という話が書いてある

サイズも同じで本棚に収めやすい。

Q4.

同ポジを用いることでクオリティアップとなることがわかりました。その分撮影の人にお願いすることは?

A4.

40秒パンとか。

撮る瞬間だけつけパンしたりとか。

リテイク出していない。出すの申し訳なくて。
リテイクの理由の1/3は演出のシート書きミス。
「これリテイクだよ、お前。何回やってんだよ。」な監督はごく一部。

DF(ディフュージョン)つけると夕方っぽくなる。
シャドウと入射光のコンポジット。いい感じになるけどみんなそれになってしまう。
これはテレビっぽい。テレビはがっと画面を見せる必要があるが、映画は本質で勝負したい。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-20 (金) 21:23:59 (1739d)