マンガと現代社会と自分自身との関わり

  • ページ: コラム
  • 投稿者: 日向充
  • カテゴリー: 漫画
  • 投稿日: 2007-03-31 (土) 04:03:42

内容

説明

大学の文学部に設置されていた「漫画史」。
修士1年のとき、これにもぐる機会に恵まれた(?)。w
というか、某人の代わりに受けて、レポートも出した。
これは、その時のレポート。
この講義は複数人の先生が数回ずつ順に担当していく形式で、レポートはその内の誰か一人が出した課題を選んで出すことになっていた。
僕は漫画評論家の鶴岡法斎さんの講義が面白すぎたので、この人にした。
課題は「マンガと現代社会と自分自身との関わり」だった。
2002年10月1日に書いたみたい。

評価はBだった。
まあ、出席率も評価されるのでなんとも、あれだけども。
(割と休んだ。)

あと、僕は理工学部所属だったので、こういう、文章を書くタイプのレポートは新鮮だった。

本文

マンガ史レポート 「マンガと現代社会と自分自身との関わり」(鶴岡法斎先生)

 現代社会といわれても、いまいちピンとこない。私はいったい現代社会とどう
関わっているのだろうか。特に意識したことがないので考えてみたが、意識した
ことがないということ自体が現代社会なり、その中で生きている自分自身をあら
わしているのではないかとも思った。人が政治や経済の事を何も気にせずにへら
へらと笑いながら生きられる社会になれたら素晴らしいと鶴岡先生は講義の中で
おっしゃっていたが、今の社会は昭和初期、戦後等に比べれば、随分とそれに近
づいているように思える。特に考えようとしなければへらへら笑って生きること
のできる社会だ。そのような社会で暮らしているから、私はマンガなどを読む時
間がたくさんあったのだろう。現代社会からうける影響よりも読んだマンガから
うけた影響の方が何倍も大きい。しかし、繰り返しになるが、マンガから影響を
うけることが大きいということ自体が現代社会なりその中で生きている自分自身
を反映しているのではないかとも思う。
 「マンガと現代社会と自分自身との関わり」と言われて、三者の係わり合い、
つまり六つの矢印を思いつくが、まず、自分自身→現代社会という矢印は消えた。
その様な影響は今のところ考えられないからだ。現代社会→自分自身は上記に書
いたように生きるということについて能天気に考えすぎている自分自身は確かに
現代社会の影響を色濃くうけたものだろう。生きるためにマンモスを殺していた
社会では到底考えられない意識で私は生きている。自分自身→マンガの矢印も次
に消えた。読者のファンレターをその後の話の展開の参考にするマンガかもいる
らしいが、私はそういった手紙を書いたことがない。現代社会→マンガは、ゴル
ゴ13等のように時事的な話題が話に盛り込まれたりということだろうか。マン
ガ→自分自身について、私が影響をうけたマンガは多いが、特に影響の大きかっ
たマンガ、マンガ家についてあとで触れたいと思う。
 さて、最後の矢印、マンガ→現代社会であるが、これはひとつ鶴岡先生が講義
の中でおっしゃっていたようにマンガがこれほどの巨大産業になって経済の大き
な位置をしめていることがいえるだろう。ところで、マンガ→現代社会のもう一
つの解釈としてであるが、一つのマンガがその内容で現代社会に影響を与えるこ
とができるであろうか。マンガが一人の人間に影響を与えることはよくあること
だ。マンガ→自分自身の矢印である。これをマンガ→個人と書き換えてみる。そ
の数が多かった場合、社会を形成しているのは個人であるのだから、マンガ→現
代社会という矢印にもつながっていくのかもしれない。
 一つのマンガ、一人のマンガ家がそのような影響を社会にもたらすことができ
るのであろうか。その試みをしていると思われるマンガ家をここで一人挙げたい。
江川達也である。彼は現代の日本の社会、特に教育のシステムを憂えて、常に作
品の中で警鐘を鳴らしている。長期にわたってスピリッツに連載されていた「東
京大学物語」は、東大→官僚というエリートコースにしがみついて生きる男と、
なんなく東大に受かるほど優秀であるがより広い視野で物事を見、感じる女の物
語であったが、この中でも、このふたりを度々衝突させ、お互いに意見をぶつけ
させることによって読者に現代社会に対して考えることのきっかけを与えていた。
ヤングマガジンの「LASTMAN」、オールマンの「DEADMAN」では、
最初に私が書いたように生きるということを特に意識せずに生きてしまうことの
できる現代社会、その中で生きてしまっている私達に対して、やはり思考のきっ
かけを与えている。鶴岡先生が講義の中でおっしゃっていたように確かに私は一
度も哺乳類以上の生き物を殺したことがない。生きることとは、他の動物との、
また自然との格闘であったはずだ。そのことを私達は忘れすぎている。「DEA
DMAN」の中では「食事ってすごい野性的な行為だよねー」というせりふとと
もに、普通の食事であるのだがそれをなまなましく描写するシーンがあった。こ
ういったシーンからも、本来私達は動物を殺して生き長らえていて、食事とは殺
害とセットであるということを忘れてしまっていることに対する警告が読み取れ
る。少しそれるが、藤子F不二雄のSF短編の中に「気楽に殺ろうや」という作
品があった(中央公論社版では第1巻「カンビュセスの籤」内)。この作品の中
の社会では、性欲と食欲に対する価値観が入れ替わっていて、日中の公園でもど
こでも性交をして恥ずかしくないが、食事はカーテンを閉めて電機を消して行う
のである。この作品もそういった食べるという行為に対して再び意識させられた
ものだった。作中で「味の素」が「ハジの素」になっていたのも素晴らしかった。
 このように江川達也は現代社会のゆがみ等を作中で描き私達に教えてくれてい
る。これはマンガ→現代社会という矢印の試みといえるのではないだろうか。も
ともと高校で数学の教師をしていた江川氏だが、学生、学校を見てこれではだめ
だ、ということで、教師を辞めてマンガ家になった。学校でする授業よりもずっ
とマスなメディアであるマンガによって、全国の読者に授業をしようということ
なのだろう。その試みは大変素晴らしいと思うのだが、私の感触では、残念なこ
とにどうも彼の作品をその様に受け取っている読者は少ないように思われる。江
川氏はその性描写の豊富さゆえ多くの読者からエロマンガ家と言われて、その作
品が上記のようなメッセージを含んでいるという受け取られ方はあまりしていな
いようだ。しかし、江川達也の描きたいことに性表現は欠かせない(※)。現代
社会の、生きることを考えずに生きてしまえるという病理は、すべてを隠しすぎ
る、というのが大きな理由であると作中で江川氏は言っている。スーパージャン
プで連載されていた「GOLDEN BOY」は特に江川氏のこういった考え方を
ストレートにあらわした作品であったが、この中でも、幾度もその様なことは語
られている。性を隠し、死を隠しすぎる。私達はいま、暮らしていて、毎日どこ
かで誰かが死んで、誰かが生まれること意識しなさ過ぎる。意識せずに暮らせる
社会に生きていしまっている。まったくの同感である。私は、学校の理科でつま
らない花の構成とかを学ぶくらいなら、人が死んでから腐乱していく様子を学ぶ
方がずっと意義深いと思う。
 私は「GOLDEN BOY」から非常に大きな影響をうけた。なかでも、最も
衝撃を受けた言葉に触れてこの文章を終わりにしたいと思う。それは「(人は)
性格が悪いからばかになる」というものだ。作中でこのせりふに対して、「ばか
なのは生まれつきでその人のせいではない。」という反論があった。私も当時は
この反論と同じ立場にいた。作中でさらにそれに対して「性格の悪い人間は自分
の都合のいいようにばかり考えようとして、物事をきちんと考えようとしない。
だからどんどんばかになっていく。ばかになるとさらに考える力がなくなり、都
合のよいようにしか考えられなくなる。」等さまざまな説明がなされていた。最
初これを読んだときは、まったく反論し、理解できなかったものだが、だんだん
と考えていくうちにその言葉は自分の中に浸透していった。当時、私は自分を頭
がいいと思っていた。いわゆる頭の悪い人間とは違う、と思っていたのだが、こ
の「性格が悪いからばかになる」によって、そのようなおかしな区別の意識が消
え、また、自分もその「性格の悪い」側の人間であったことに気付き、同時に物
事の美醜を見分ける目を手に入れた気がしたものだった。江川達也と「GOLD
EN BOY」は今の私にとって欠くことの出来ない大きな存在である。
 以上、「マンガと現代社会と自分自身との関わり」というテーマからそれぞれ
の係わり合いについて思いつくことを書いてみた。現代社会に対して警鐘を鳴ら
しつづける江川達也。その作家に多大な影響をうけた私であるが、私がそれを現
代社会に反映させることができれば、それが江川氏にとっての意図するところだ
ろうか。自分自身→現代社会の矢印である。

(※)参考
これは、ひとつ、頭ごなしに江川氏をエロマンガ家だと言っている人にとっては驚くべきデータかも知れないが、江川氏は彼のデビュー作「BE FREE!」の表紙裏で、こう語っている。
「スケベなマンガだけは描きたくなかった私に、或る日私のマンガの師である
 本宮ひろ志先生がいった『スケベをやれっ』と・・・・。それにうっかり
 乗ってしまった私は今"変態""色情魔""異常性欲者"とひとから
 呼ばれている。」
江川氏ははじめ「スケベなマンガだけは描きたくなかった」のだ。
江川氏が性描写を描くのはそれ自体が目的ではなく、伝えたいメッセージのためであることがうかがえる。

感想待ってます

まあ、いろいろ適当なところもあるけど、面白いところもあるかなー、と思って掲載しました。
感想があったら是非!





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-07 (水) 21:42:08 (4302d)