1万Mという競技について

  • ページ: コラム
  • 投稿者: 日向充
  • カテゴリー: スポーツ
  • 投稿日: 2007-02-07 (水) 23:04:22

内容

この文章は2001年7月2日に大友亮介さんが律ゾリステンのメーリングリストにあてたメールの転記です。

1万Mを3つにわけて見る

 1万Mというのは一周400Mのトラックを25周するという一見かなり地味な競技です。  しかし、25周の中に信じられない位の様々な選手同士の攻防が隠されているんですねー。  まず僕の個人的な考えからいくと1万Mは3つにわけて見ると良いと思われます。   

 1、スタートから7千M 2、7千から9千6百 3、ラスト4百M

1、スタートから7千M

 1、で重要になってくるのが位置取りです。風の具合、全体のペース、自分の調子等により  ベストポジションは全く違ってきます。簡単に言うと前の選手が風よけになる2、3番手は  一見よさげですが、全体のペースが自分の得意ペースより遅ければ体にストレスがたまり、  後半の勝負所で体が動かなかったりするというようなことです。後、インコースにいると  周りの選手から足をスパイクされ流血する可能性があります。流血という字だけを見ると  なんだよ、って思うかもしれないですけど、そういう格闘的な部分も1万Mを見ていくに  つれて楽しくなってきちゃったりするんですよねー。  

2、7千から9千6百 

 2、は1万Mの中で最も注目して欲しいところです。ここがおもしろいから1万Mという競技  が存在してると僕は思ってます。特に上位2人の1対1になった時の駆け引きが楽しいです。  1対1になった場合、選手は相手の様子を伺ったり、自分の調子を考えながらスパートのタ  イミングをはかります。具体的に且つ簡単にいうと、表情、息づかい、フォーム、足音辺り  です。表情、息づかいは分かると思います。フォーム、足音というのは、序盤体力が残って  いる時は大抵の選手は腰高で走っている為、タッタッタ、という足音をさせているのですが、  疲れて来ると腰が落ちてくるのでドタドタドタという足音になってしまうんですね。ただし  ここが最もおもしろいんですが、選手が疲れている演技をしている場合が稀にあるんです。  1995年のユニバーシアード福岡大会の1万Mで優勝した当時早稲田大学の渡辺康幸選手は  後にこう語ってます。    「本当に苦しい試合で一気にスパートする体力はなかった。だから少しでも相手を惑わそうと。   相手の選手と2人になってから、多少呼吸の具合を変えた。後ずっと後ろについていて何度か   前にでたんですが、あれは相手がスパートしようとしてるように見えた時なんです。スパート   したそうな相手をその時だけ前にでてブロックすることにより相手がじれ、また相手の足が動   きが止まるのを期待した」

 実際このレースでは予想に反して、調子の良さそうだった相手選手が9200M位で勝手に段々と  脱落していきました。きっと気力も萎えたんでしょう。この渡辺選手のコメントには、1万Mの  一番基本的なおもしろい要素がすべて詰まっているような気がします。

3、ラスト4百M

 3、に関しては特に書く事はありません。一見ラスト一周のスパートって派手に見えるんですが、  僕はその前までの攻防でいかに余力を残しているかが重要だと思っているので、ラストはただの  後づけ、って感じがしちゃいます。

大友先生よりメッセージ

 以上簡単に紹介しました。今回かいたのはあくまでも基本的な部分で、1万Mとゆーのは本当に  深いです、知れば知る程。少しでも興味を持たれた人がいたら、TBSで8月4日から世界選手権  を放送するので是非見てみて下さい。きっとはまりますよ!!





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-07 (水) 20:58:34 (2959d)