・手ずから(てずから) 1.他人にさせないで、直接自分の手を下してする。
自分の手で。 例:「領主が手ずから下さった品物」 
用例:蜻蛉−中「物食ひて、てづから水飯(すいは)などする心ち」 
2.一般に、動作、行為を間接的でなく、直接すること。 
類:●自分で●自ら●手ずから自ら 
用例:宇治拾遺−一・一八「てづから仰せさぶらふやう」 
★「つ」は助詞、「から」はそれ自体の意<国語大辞典(小)>

・手ずから自ら(てずからみずから) 自分自身で。自分みずから。 
用例:平家−五「手づからみづから御願文をあそばひて」

http://www.geocities.jp/kuro_kurogo/ko-jien04/page15.html

また、その時のエンディングムービーは、「あしたのジョー」のラストシーンを髣髴
させる台詞とシーンが描かれ、あたかも主人公が矢吹丈と同じ最期を遂げたかのよう
に描写されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%8D%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB#.E3.82.BB.E3.82.AC.E3.82.B5.E3.82.BF.E3.83.BC.E3.83.B3.E7.89.88.E3.80.8E.E3.81.A8.E3.81.8D.E3.82.81.E3.81.8D.E3.83.A1.E3.83.A2.E3.83.AA.E3.82.A2.E3.83.AB_.EF.BD.9Eforever_with_you.EF.BD.9E.E3.80.8F
→ジョーは最期を遂げていないと思うのだが。。
真っ白な灰にっていうのを、燃え尽き状態のように捉えた引用のされ方が多いが。
どちらかというと、完全燃焼するまで最後までやりきりたい、そしてやりきったという意味合いだったと思う。>真っ白な灰
また、余談だけれども、ジョーのこのラストは原作の梶原一騎によるものではなくて、作画のちばてつやによるもの。
梶原のラストが最悪だったので、変えたらしい。
どこかで読んだ。
さらに詳しく言うと、ちばがもっといいラストにしたいと思案していて、アシスタントたちにアイディアを出させたところ、それまでのジョーの台詞などをラストに結び付けられないか、ということで、みんなでそれまでのジョーを読み返し、見つかったせりふが「真っ白な灰に燃え尽きるまで」だったのですよ。
なので、まるで廃人になってしまったかのような「真っ白な灰に燃え尽きた」の引用のされ方は間違っていると思うのですよねー。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-08 (日) 20:18:02 (4626d)