• 劇団ひとりさんは、人生辛いのなんて知ってるんだから、物語には救いがないと、という。僕は以前救いなんてなくていいと書いたけど、たしかに辛いだけの話は意味がないかも。では、デビルマンはどうしてあんなに素晴らしいのか。それは、物語の整合性がきちんととられているからだ。主人公やその周辺に不幸が襲っても、最終的にすべてを納得させられる説得力がある。主人公は救われなかったが読者である僕は物語の整合性により救われたのだ。この快感がこの物語に惹かれる理由ではないだろうか。 -- 2007-05-12 (土) 23:24:02
  • しかし、救いとは何か。不動明の最後は救われていなかったのか。自分の正義のために最後まで戦ったことにより、彼は満たされていなかったか。 -- 2007-05-12 (土) 23:28:52



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-12 (土) 23:28:52 (4840d)