生まれ変わるNTTの進むべき道
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/97/index.html

NTTが東西に分割される際にも規制はあった。「NTT東西はローカルの通信だけ」
「遠距離と国際電話はNTTコミュニケーションズ」「携帯電話はNTTドコモ」と、業務を
分けることになった。今から見ると、なぜこんな意味のない分割をしたのかと笑いたくも
なる。もっともNTTを分割したときは単に米国の猿まねをしただけで、インターネットも
それほど普及はしていなかった。まさかこんな時代になるとは当時は思っていなかったの
だろう。 

米国は地域ごとのベル会社を作ったが、結局ATTとベライゾンの2社に基本的には
再統合されてしまった。通信というネットワークを地域やサービス毎に分割することが
いかに意味のないことか、30年の回り道をしてようやく理解したところだ。

日本でも結局、全国一律サービスを受けられない、電話のIP化が遅れた、携帯と固定電話の
一体サービスが提供できない――など、10年前の分割の弊害が随所に見られる。
分割していなければ、日本全国どこでも1分10円、携帯と固定どちらも使いっぱなし
月5000円、などのパッケージが可能だからである。  



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-20 (木) 02:43:38 (4413d)