Counter: 604, today: 1, yesterday: 0

手作り餃子

  • ページ: レシピ
  • 投稿者: 日向充
  • カテゴリー: やや気合
  • 投稿日: 2009-10-24 (土) 14:15:06

内容

強力粉300g(計量カップで計る場合は600ccが300g)、水(ぬるま湯)150g
 ,海佑晋紂▲汽薀鵐薀奪廚吠颪鵑30分ほど寝かす。(こねるときのちょっとしたこつはこちら)
 ⊆蠅粘櫃瓩橡西に伸ばす。
 ナイフで適度なサイズにカットする。
 ぬ曜世膿ばす。

http://hinata.la.coocan.jp/814T/20091206_18240359/091205_193154.JPGhttp://hinata.la.coocan.jp/814T/20091206_18240359/091205_210815.JPGhttp://hinata.la.coocan.jp/814T/20091206_18240359/091205_211051.JPG
http://hinata.la.coocan.jp/814T/20091206_18240359/091205_211631.JPG←↑バスカードは大きさの目安として置いています。
※ 皮薄めの頃の写真です。2012/6/23皮を厚めにしたらおいしかったので、次回以降粉と水の量を1.5倍に増やしました。

 白菜1/4(またはキャベツ、セロリ) + 豚挽き肉(300g) + 長ねぎ + 大葉(セロリのときはあっても香りがわからない) + にんにく3かけ
 【調味料】しょうが(チューブでも可) + 顆粒スープのもと小さじ2杯 + ごま油(小さじ1) + 醤油(小さじ1) + オイスターソース(小さじ1)
 ①白菜をみじん切りにして、ボールに入れ、しっかり混ざる位の量(大さじ1.5くらい)の塩を入れてしっかりと白菜にもみこむ。
 ②その他の野菜を刻む。
 ③別のボールでまず挽肉に【調味料】を混ぜる。
 ④挽肉ににんにく、大葉、白菜の順に入れる。
  この時白菜は水がかなり出ているので、白菜をぎゅぅっとしぼってから入れる。

焼き方

羽を作る場合は、包んだ餃子をおくお皿に敷く打ち粉を片栗粉にしておくと良い。
.侫薀ぅ僖鵑北をしかず、火を強火で付けて、餃子を並べる。
強火でしばらく焼く。
 (1分〜2分程度。餃子のフライパンが十分に温まるまで。)
お湯(水じゃないていどの温かさ)を餃子の半分位までいれて蓋をして、強火で蒸し焼き!
ぅ献絅錙次って音が水がなくなってパチパチという音に変わりつつあったら(10分程度経過するとなる)、蓋をとり皮が透き通っていたら余分な水分を捨てる。(透き通ってなかったら、またふたをしてしばらく待つ。)
ゥ侫薀ぅ僖鵑里悗蠅らゴマ油(オリーブオイルだとさっぱりする)を入れて強火で焼く。
Ε僖船僖船團船團舛靴寝擦砲覆辰燭藹侏莨紊り
 →最後に水が飛んだ段階ではフライパンに餃子がくっついてる可能性があるのだけど、
  油を入れて強火でそこをぱりっと焼く事で剥がれるのだ!!
Пを作る場合は羽を焦がさないよう、水分が飛んだら弱火にすること。

http://hinata.la.coocan.jp/814T/20090615_02551917/090614_202450.JPGhttp://hinata.la.coocan.jp/814T/20090615_02551917/090614_203631.JPGhttp://hinata.la.coocan.jp/814T/20091206_18240359/091205_220120.JPG

水餃子

,湯を沸騰させる
餃子を入れる
q子が浮いてきて膨らんできたら、野菜(長ネギ等)、肉団子(餡が余ってたら片栗粉を入れて作る)、顆粒だし(とり、ホタテ等)を入れる
な騰したら醤油で味を整えて最後にごま油を少し入れる

関連日記

http://hinatamitsuru.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-04e8.html





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-04 (水) 16:46:49 (1988d)