Counter: 518, today: 1, yesterday: 0

スケバン刑事(和田慎二)

  • ページ: レビュー
  • 投稿者: 日向充
  • カテゴリー: 漫画
  • 投稿日: 2007-02-21 (水) 16:18:53

内容

概略

札付きの不良であるスケ番、麻宮サキは、警視庁の腕利き警視、暗闇警視の要請で、学校内での事件を解決する学生刑事となる。
大人の刑事が外から見たのではわからない学生のコミュニティを、学生ならではの視点で中から調査していき、事件の解決をするのが、学生刑事の使命である。
探偵の神恭一郎、相棒の野分三平らとともに、サキは学生社会を取り巻く大きな陰謀に立ち向かっていく。

感想、おすすめのポイント

まず、最初に言っておきたいのは、ドラマの内容とはまるっきり違うということです。
原作はめっちゃくちゃ面白いです。

第一部

第一部のこの4巻(この↓バージョンでは)が秀逸です。
サキがスケバン刑事になるエピソードから、導入話的な最初の事件、相棒となる三平との出会い、宿敵海槌麗美との出会い等が次々と展開されていき、三平といくつかの事件を解決したあと、3巻の後半から物語はクライマックスへ向かって走り出していきます。
麗美の弄する数々の罠がサキを苦しめていく様は、読んでいて非常におそろしく、臨場感があり、息を呑むものです。ここまでおそろしいと思わせるストーリー展開のうまさは特筆に値すると思います。
麗美は単なる悪人ではなく、行動に美学があり、サキと対峙し苦しめることにも理由があるわけですよね。悪役が非常に魅力的に書かれているのがこの作品の素晴らしさの一つです。
これほど、読んでいて興奮する物語も珍しいです。
是非是非ご一読を!

第二部

第一部で、一度連載終了したスケバン刑事でしたが、次の連載が振るわず打ち切りとなったため、第二部がスタートすることになったそうです。
内容としては、一部程の驚嘆すべき素晴らしさはないもの、やはり作者のストーリー構築のうまさが光っています。
物語は発展し、サキのほかにも学生刑事の仲間が増え、更なる大きな陰謀に立ち向かって行き、舞台は世界をまたにかけるようになって行きます。
また、読者の声に応えてか、サキと神恭一郎との恋愛にもスポットがあてられています。
恋愛を描くのが苦手だという作者らしい展開及び結末かと思います。素敵です。

スケバン刑事を読むならば第一部をおすすめしますし、それを読んだなら、ほぼスケバン刑事の世界観を知っていると言っても過言ではないと思います。
無理には第二部はおすすめしませんが、上記にも書いたようにやはり各エピソードが面白いのと、また、最終回が秀逸すぎるので、そこはおすすめです。
第一部では、サキは結局どうなったのかよくわからないような終わり方をしていたのですが、第二部ではそこをしっかり収めています。
本当に涙を流して泣いてしまいました。サキ姉さん。。。
あ、でも最終回だけ読んでもだめですよ。第二部の流れとリンクしていますので。

if

これまだ読んでないです。
ロックオン。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-09 (土) 20:49:29 (3621d)