Counter: 510, today: 2, yesterday: 2

スローニン(吉田聡)

  • ページ: レビュー
  • 投稿者: 日向充
  • カテゴリー: 漫画
  • 投稿日: 2007-02-21 (水) 15:14:11

内容

概略

タバコ屋の2階で下宿をしている浪人生(2浪)のラッキュウは、同い年で全国を放浪している素浪人コッセツと出会い、彼の営むなんでも屋業に巻き込まれていく。
ラッキュウは高校時代、甲子園の決勝において平凡なフライを落球してしまい、チームを逆転負けさせてしまったことがある。一方コッセツは将来を期待される日本の代表的ラガーマンであったが、試合中の大事故により、体を数箇所骨折してしまい、以来ラグビーの世界から足を遠ざけていた。
二人はなんでも屋業を介して、依頼人たちと深くふれあい、時には自身に重ねあわせ、過去の傷を昇華して行く。

感想、おすすめのポイント

1巻に1回くらい泣くっす。
なんでも屋の一つ一つのエピソードも素敵だし、最終的に二人がどこへ向かうのかというところまで描かれており、後半の展開も非常に感動的。
ただ、すべての話がベタベタですが。。w
でも、ベタベタなのに、こんなに感動してしまうのは何なんでしょうかね。。
吉田聡は人と人とのあったかい交わりをかくのがうますぎる。
ところどころに織り交ぜられているギャグも、よいテンポを作っている。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-09 (土) 21:21:11 (3566d)