Counter: 309, today: 1, yesterday: 0



【演奏会メモ】
室内楽コンサート2012 ライプツィヒ弦楽四重奏団を迎えて

日時 第1日 2012年6月2日(土)15:00開演(14:30開場)
第2日 2012年6月8日(金)19:00開演(18:30開場) 
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内) 
入場料 各日2,000円(全席自由) 
主催 東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学音楽学部 

■第1日 2012年6月2日(土)15:00 開演
ハイドン:《弦楽四重奏曲 第38番》変ホ長調 作品33-2
J.Haydn:Streichquartett Nr.38 Es-Dur Op.33-2
Vn:石田 紗樹 下田 詩織 Va:松村 早紀 Vc:山本 直輝

ブラームス:《ピアノ四重奏曲 第2番》イ長調 作品26
J.Brahms:Klavierquartett Nr.2 A-Dur Op.26
Vn:松原 勝也 Va:市坪 俊彦 Vc:菊地 知也 Pf:日下 知奈

メンデルスゾーン:《弦楽八重奏曲》変ホ長調 作品20
F.Mendelsshon:Oktett fur Streichinstrumente Es-Dur Op.20
ライプツィヒ弦楽四重奏団 Leipziger Streichquartett
Vn:シュテファン・アルツベルガー ティルマン・ビュニング
Va:イーヴォ・バウアー Vc:マティアス・モースドルフ

Vn:長尾 春花 對馬 哲男 Va:多井 千洋 Vc:島根 朋史



■プロフィール
◇ライプツィヒ弦楽四重奏団 Leipziger Streichquartett
 1988年に創立。メンバーのうち3人は、93年に弦楽四重奏に専念することを決心するまで、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者であった。91年ミュンヘン国際音楽コンクール第2位(1位なし)、ブッシュ兄弟賞、92年ジーメンス音楽賞をはじめとする数々の国際的な賞を受賞。これまでに、ヨーロッパ、南北アメリカ、北アフリカ、東南アジア、オーストラリア、日本、イスラエルなど40ヶ国以上を訪れ、多くの音楽祭に参加。モーツァルト、シューベルト、バッハ、近現代の特定のテーマによるツィクルスを定期的に行い、「ヨーロッパ友好記念ベートーヴェン・ツィクルス」の発起人としてヨーロッパ15以上の都市で公演している。91年、4人は独自の弦楽四重奏シリーズ“Pro Quatuor”をスタート、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスを舞台に、ウィーン古典派と新ウィーン楽派のすべての弦楽四重奏曲を取り上げている。96年シュニトケの弦楽三重奏と管弦楽のための《3人の協奏曲》をドイツ初演。レパートリーは100人の作曲家、300作品以上に及ぶ。また、およそ70のCD録音はモーツァルトからケージまで幅広い。ブラームス、モーツァルト、メンデルスゾーン、シューベルト、新ウィーン楽派の弦楽四重奏作品全集などがあり、ディアパソン金賞、エコー・クラシック賞などを受賞している。また、4人は「アンサンブル・アヴァンギャルド」の一員としても活動し、近代作品から今日の作品まで手掛けている。

◇松原 勝也 Katsuya MATSUBARA(Violin)
 東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻在学中に安宅賞受賞。クライスラー国際コンクール等で上位入賞。1989年、26歳の若さで新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターとなる(98年まで)。1990〜2000年まで水戸室内管弦楽団メンバーも務めた。ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏をはじめ室内楽の分野で活躍するかたわら、無伴奏リサイタルシリーズ、ジャズ・ミュージシャンとのコラボレーションなど多彩な活動を繰り広げている。ヨーロッパ、アジアを中心に海外での活躍も目覚ましく、07年にはロンドン・ウィグモアホールでリサイタルを行う。1999年中島健蔵音楽賞、2000年文化庁芸術祭新人賞受賞。東京藝術大学音楽学部教授。

◇市坪 俊彦 Toshihiko ICHITSUBO(Viola)
 東京藝術大学音楽学部器楽科ヴィオラ専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻(ヴィオラ)修了。在学中に安宅賞受賞。1992〜94年まで新星日本交響楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)の首席ヴィオラ奏者。SAWA QUARTET、紀尾井シンフォニエッタ東京、東京クライス・アンサンブルのメンバーとして、ベートーヴェン弦楽四重奏全曲演奏会やヨーロッパ・ツアーなど幅広く活動。近年では、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団との共演やイタリア・クープラ音楽祭への出演など、活動の幅を広げている。現在、東京藝術大学音楽学部准教授、桐朋学園芸術短期大学、沖縄県立芸術大学非常勤講師。

◇菊地 知也 Tomoya KIKUCHI(Violoncello)
 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部器楽科チェロ専攻卒業。在学中に安宅賞受賞。1985年と87年に霧島国際音楽祭にて奨励賞受賞。91年日本音楽コンクール第1位、併せて増沢賞、特別賞受賞。94年日本室内楽コンクール第1位、併せて東京都知事賞受賞。同年全日本ビバホール チェロコンクール第1位。これまでに霧島国際音楽祭や宮崎国際音楽祭などに参加。現在、紀尾井シンフォニエッタ東京、アルファ弦楽四重奏団、アンサンブル・ノマド、アンサンブル・ロココなどのメンバーで、日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・チェリストを務める。桐朋学園大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。

◇日下 知奈 China KUSAKA(Piano)
 東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学卒業後、同大学院音楽研究科器楽専攻(ピアノ)修了。ケルン音楽大学をピアノ・室内楽ともに首席で卒業。1997年京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。98年園田高弘賞ピアノ・コンクール第3位・メシアン賞受賞。2003年スルモナ、エンニノ・ポリーノ、04年ケルン・ショパン国際ピアノ・コンクールなどに入賞。05年東京音楽コンクール第3位。07年バロックザール賞受賞。09年摂津音楽祭伴奏者賞。これまでに児島一江、小林仁、クラウス・シルデ、パーヴェル・ギリロフ、伊藤恵の各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部非常勤講師、国立音楽大学付属高等学校・中学校講師。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS