小池メソード

内容

この文章は、2001年11月8日に小池功一さんが律ゾリステンのメーリングリストにあてたメールの転記です。

1、眉毛で弾く。
 例1 低音をマエストーソで弾くとき(しかも短調)、眉毛は下がる。
 例2 1オクターブ以上の音の跳躍があるとき、眉毛は上がる。

 こんばんわ、秋の夜長ですね、小池です。

 冗談はさておき、今日は一子相伝の「小池メソード」の一部を公開いたします。
 常識的なこともあるでしょうし、非常識なこともあるかもしれませんが、ま、一子相伝
なので。。  役に立つところは役に立ててください、というより、こんな風に考えて練習していた
漢(おとこ)がかつていたんだ・・・、と言う感じで(笑)。

 <目的>
 「拳法を学ぶ目的は体を鍛える事で、心身ともに健康になり、それによって
   生まれた余裕で、人生をおもしろおかしく生きちゃおう、ということじゃ。あと、
   悪い奴がいたら、こらしめてやったりもする。」(亀仙人)

 楽器を弾く目的は、上に同じ。

<基礎練>

 テクニックのデジタル化

 音量、音程、ビブラート、リズム、移弦等を段階をつけ、ラベリングし(音程はすでにされて いる)、いつでも引き出せるようにする。
 アナログ化はいつでもできる。

 例1 自分の音量に1〜5のレベルを与えておく。
    →このクレッシェンドは3・4・5でいこう。
    →この曲ではピアノは2、フォルテは5でいこう。
 例2 同じ音量で、弓圧、弓量、弾く場所を変える。
    →音色を変えたときに、音量を制御できるようになる。
    →弓順による弓の量の変化によって、必要以上に音量を変化させなくなる。
 例3 音階・移弦の練習

応用


 いくつかの基礎練を組み合わせて、同時にやる。

 →自分には運動神経がないということがわかる。。(爆)


<意識>

 1、音程は曲の命。でもリズムは音楽の命。

 2、テクニックは音楽内容以外のすべての都合を隠すためにある。

 3、フレージングとは、理解可能にすること。

 4、動きを、各関節の移動ととらえる。
   →力が必要以上に入らなくなる。
   →動きが自然にスムーズになる。

 5、呼吸で、弾くエネルギーを発電する。
   →呼吸でまかなえる以上の力で弾かない

 6、常に体の大きな部分が動いてから、小さな部分が動く。 

 7、左手は喉、右手は息。

 8、音楽以外のことから音楽を学び、音楽から音楽以外のことを学ぶ。

 ま、今日はこのへんで。

 小池 功一




トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS