そのリーダーの資質について明代の思想家・呂新吾は、81歳を迎えるまで30年の歳月を費やしまとめ上げた大著、『呻吟語』のなかで「深沈厚重なるは、これ第一等の資質」と述べています。リーダーとしていちばん重要な資質とは、つねに物事を深く考える重厚な性格をもっていることだというのです。その一方で「聡明才弁なるは、これ第三等の資質」とも述べています。「頭がよくて才能があり、弁舌がたつこと」は、第三の資質でしかないのです。 




トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS