> 寄生獣、読みました☆
> うぎゃっ!面白いですよ、これ!!

面白いですよねー。
主人公の住む普通の現実社会の描き方がリアルなので、寄生生物の存在がくっきりと感じられますよね。
戦闘シーンなども、理屈にかなっているところが多くて、納得できますよね。


> 岩明先生って、凄いこと考え付く人ですね。
そうですねー。
でも、やっぱりデビルマン以上のことはできていない気がとてもしてしまいます。
(人間の力を超える、食物連鎖の上に位置するような生物の出現で、世界が混乱するという意味で、似通っているので、比べて話しています。)

デビルマンよりも寄生獣の評価の方が高い人も多いようですが、、まあ、評価するポイントは人それぞれですよね。

もちろん、寄生獣独自の優れているところはあります。
でも、寄生生物が結局なんだったのかわからないあたり、ちょっと投げ出し系かなって思ってしまいます。
デビルマンはしっかり収めています。すばらしいです。

デビルマンの話を「救いがない」っていう人もいるのですが、救いなんて必要ないと思いますし、救われるのが物語ではないと思います。主人公がどんなに戦っても、思うような結果にならないことだってあるんですよね。そういう意味でもデビルマンは素敵です。


> 最終巻のあとがきも、妙に笑えるし。
>
手切っちゃったってやつですね。
素敵な人ですよねー。


> 外国人もきっと好きだから、映画化もあったりして、と
> ググッて見たら、2005年の夏に、ハリウッドで
> 実写版の映画化決定!とニュースになったみたいですね。
>
>http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000081.html
あ、ちらっと聞いたことありましたが、よく把握していなかったです。
ほんと多いですねー、近頃、日本もののハリウッド化。


>
> その後の動きがないようですが
> 着々と準備がすすめられてるのでしょうかね。
> エヴァはまだ、異国っぽい感じだから、まだ良しとして
> 寄生獣に関しては、ハリウッド的にただのグロいCG映像満載に
> なってしまうのではないかと、俄かファンですが
> ちょっと心配しております。
な、なるほどー。

ある程度でも、あの漫画の考えやメッセージが盛り込まれればいいですが。。

>
> まぁ、清水監督なら大丈夫かもと、思うようにはしておりますが。
> 根っからファンの日向さんとしては、いかがなものなのかしら。
うーん。
でも、CGであれを表現するのは絵的に絶対面白いと思います。
映画にすると話がつまらなくなるのは常なので、原作の再現性ではなく、映画ならではの表現に注目して楽しめばいいのかなー、って思ったりします。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS