#counter
----
- 月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(total eclipse)という。逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(または金環食。annular eclipse)と言う。  皆既日食と金環日食、および後述の金環皆既日食を中心食と称する。  中心食では本影と金環食影が地球上に落ちて西から東に移動しその範囲内で中心食が見られ、そこから外れた地域では半影に入り太陽が部分的に隠される部分日食(partial eclipse)が見られる。半影だけが地球にかかって、地上のどこからも部分食しか見られないこともある。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A3%9F --  &new{2012-05-21 (月) 09:40:03};

#comment
----
-[[メモメモ]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS